読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

那須

母の田舎に帰った。新幹線に乗りたかったのだが、ふみちっちにはもう席がなく乗せてもらえなかった。メイメイ言いながら那須についたら、近所の公園に連れて行ってもらい、やっと遊べた。

f:id:fumicicci:20140814162631j:plain

魚もいる公園で、父上がはしゃいでジャングルジムに登ったのを見上げた。

f:id:fumicicci:20140814163059j:plain

ふみちっちを置いていくなんてけしからんことだと思い、追いかける。

f:id:fumicicci:20140814163207j:plain

そうこうしているうちに、母も空飛ぶ線路を走り出した。

f:id:fumicicci:20140814163410j:plain

ふみちっちを置いていくなんてけしからんことと思い、追いかける。でもなんだか体が傾いて追いかけられない。

 ジャングルジムも線路も登り切れないふみちっちは、滑り台に登ることにした。一人で登っていると、父上も、真似して登りたいと思ったのか、後ろにぴったりと張り付いて追いかけてくる。

f:id:fumicicci:20140814165558j:plain

 滑る時までついてくる。

f:id:fumicicci:20140814165652j:plain

一通り遊んで、ぷらぷらと家路につく。

まだ遊びたいとちょっと未練を残したけど、父上に引きずられて帰った。

f:id:fumicicci:20140814172513j:plain