読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

飛行機

昨夜の宿は山深い谷沿いの温泉地で、お風呂は隣の温泉まで歩いていく。

ふみちっちは顔を拭かれるのが嫌いだ。こういうのを断れるようになるために言葉を鍛錬しているのだ。

朝ごはんの後、近くの牛舎にアイスクリームを食べに行った。母は空港の隣の公園に行きたいそうなのだけど、ふみちっちにはブーブ遊びの方が面白い。

やっとこ公園に行ったけれども、出だしが遅かったせいで遠くの駐車場にしか入れてもらえなかった。

f:id:fumicicci:20150504103604j:plain

母はアスレチックが大好きだけど、ふみちっちはちょっと苦手。

隣に飛行機を見ながら、父上を後ろに乗せてヘンテコ自転車を漕いで上げた。

f:id:fumicicci:20150504111323j:plain

空港沿いの公園は横に長く、丘陵を越えて歩いていかねばならない。

f:id:fumicicci:20150504113536j:plain

辰年のふみちっち、龍を見つけて突入した。

f:id:fumicicci:20150504113728j:plain

腸の中はグネグネだ。

古い飛行機ならば操縦させてもらえる。

f:id:fumicicci:20150504115446j:plain

たっぷり遊んで眠らされて美術館に向かう。途中でふみちっちには内緒でうどんも食べたそうだ。

f:id:fumicicci:20150504145626j:plain

ここの美術品は登っても良いそうだ。

f:id:fumicicci:20150504145907j:plain

でも、中では机一つ触ってはいけない。

f:id:fumicicci:20150504151247j:plain

目を覚まして、金毘羅さんを登った。虎なんかを見ることができる。

f:id:fumicicci:20150504171835j:plain

登り切ったところで一踊り。ふみちっちには山登りなんてへっちゃらなんだ。

f:id:fumicicci:20150504172650j:plain

今夜はふもとの温泉だ。

f:id:fumicicci:20150504214944j:plain

f:id:fumicicci:20150504215500j:plain