読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

ヤルコン川

騒々しいプリムを避けて、ヤルコン川の上流の公園にやってきた。多分ここの泉が水源だ。イスラエルでも鳥がたくさん見られるところらしい、

f:id:fumicicci:20170311145013j:plain

まあまあ新しい砦が残っている。その脇には3千500年ほど前の遺跡もある。

f:id:fumicicci:20170311145559j:plain

外は黄色い花がいっぱい。春が来たようだ。

f:id:fumicicci:20170311145829j:plain

砦の外でかくれんぼをした。

f:id:fumicicci:20170311150157j:plain

父上はあまり驚いてくれない。

f:id:fumicicci:20170311150212j:plain

水源の池らしきものを望む。

f:id:fumicicci:20170311150707j:plain

紀元前1500年前のおうちらしい。迷路遊びをした。

f:id:fumicicci:20170311151612j:plain

 

f:id:fumicicci:20170311151851j:plain

砦の外にはローマの道が伸びている。

f:id:fumicicci:20170311152409j:plain

ローマの小劇場もある。

f:id:fumicicci:20170311152950j:plain

端にはただ木がある。

f:id:fumicicci:20170311153154j:plain

何の実だろう

f:id:fumicicci:20170311153227j:plain

ヘルツェリアの公園で遊んだ。

f:id:fumicicci:20170311163321j:plain

f:id:fumicicci:20170311164301j:plain

サマリア人と十字架

父上は先週の遺跡見学の最後に足を挫いていて、治りきっていない。ふみちっちはこの頃は歩くのが好きになってしまったのだが、今週は仕方がないので、あまり歩かなくてよいところに行くことにした。善きサマリア人の宿はモザイックの博物館になっていて、これが好きなふみちっちと母で喜んでやってきた。f:id:fumicicci:20170303113233j:plain

敷地の中は毛虫だらけでベビーカーから降りれなかったのだけど、建物の中は大丈夫だ。

f:id:fumicicci:20170303113301j:plain

きれいなモザイックにすっかり満足だ。

f:id:fumicicci:20170303113607j:plain

カソリック幼稚園児だったふみちっちにも善きサマリア人が何かまでは、実は知らなかった。

f:id:fumicicci:20170303113815j:plain

こういうことは、その場で覚えれば良いのだ。

f:id:fumicicci:20170303114213j:plain

かやぴもかなりお気に入りだ。

f:id:fumicicci:20170303114617j:plain

プロテスタント女子中高生だったことのある母が一番気に入っている。

f:id:fumicicci:20170303114749j:plain

ふみちっちとかやぴの会見。

f:id:fumicicci:20170303122853j:plain

手からは大好きな地図が離せない。

f:id:fumicicci:20170303123130j:plain

ふみちっちは毛虫が怖いので、かやぴに踏みつぶすように言ったのだけど、なかなか踏んでくれない。役立たずだ。

その後近くの修道院を二つほど訪問したけれども閉まっていて入れず、磔刑の十字架が切り出されたオリーブの木の跡にある修道院に行ってきた。

f:id:fumicicci:20170303135519j:plain

木の跡にある金の枠に泣いてキスをするのだ。

f:id:fumicicci:20170303140617j:plain

ふみちっちも信仰深いのだ。プロテスタントカソリックも関係ない。なぜならここはギリシャ正教の修道院だからだ。

f:id:fumicicci:20170303140630j:plain

たくさんの修道士のパンを焼くのは大変だったようだ。

f:id:fumicicci:20170303141406j:plain

悪いことしちゃだめよ。

f:id:fumicicci:20170303141846j:plain

ずっと、ねこが監視についてきていた。

f:id:fumicicci:20170303123147j:plain

f:id:fumicicci:20170303115114j:plain

f:id:fumicicci:20170303142428j:plain

 

f:id:fumicicci:20170303140120j:plain

f:id:fumicicci:20170303144028j:plain

f:id:fumicicci:20170303142152j:plain

 

砂漠の谷

ねげぶ砂漠の谷を見に行った。f:id:fumicicci:20170224174830j:plain

国立公園の年間パスを買って入る。

f:id:fumicicci:20170224180450j:plain楽だと聞いていて、舐めている。なぜか、ふみちっちは細かいことばかりが気になる。

f:id:fumicicci:20170224183319j:plain

がけを母と恐る恐る歩く。f:id:fumicicci:20170224183546j:plainまあ、全然怖くない。怖がっているのは大人ばかりだ。

f:id:fumicicci:20170224183636j:plain谷の奥には滝があって、一休みできる。

f:id:fumicicci:20170224183632j:plain

他の人の記念撮影に紛れ込んで、お菓子をもらった。

f:id:fumicicci:20170224183915j:plain

家族写真も撮っておかねば。

f:id:fumicicci:20170224184123j:plain

滝の底から、滝の上へと上がる。

f:id:fumicicci:20170224184555j:plain

まあ、大したことなく、一番にひょいひょいだ。

上は少し見晴らしがよい。

 おっかなびっくりの父上をおいて、とことこと行った。

f:id:fumicicci:20170224185300j:plain

お昼はお弁当だ。中江さんとも仲良し。

f:id:fumicicci:20170224193829j:plain

かやぴも一人で探検。

f:id:fumicicci:20170224194001j:plain

公園内での飲食は禁止だと怒られたあと、峡谷の壁を登り始める。

f:id:fumicicci:20170224194352j:plain全然怖くないのだ。

f:id:fumicicci:20170224195842j:plain

梯子だって何でもない。

かやぴと違ってひとりでのぼれるぞ。

f:id:fumicicci:20170224200500j:plain

峡谷を出た後は近くの岡の遺跡を見に行く。昔のごみ箱を見つけたと思ったのだけど、なんか違うらしい。

f:id:fumicicci:20170224214004j:plain

この辺りはビザンチンの遺跡らしい。

f:id:fumicicci:20170224220941j:plain

遠くに、さっき上ってきた峡谷が見えた。

f:id:fumicicci:20170224220701j:plain

洞窟はネバテヤ人が出てきそうで怖い。

f:id:fumicicci:20170224222210j:plain

違った出口から出るものだと思ったけど、断られた。この間とは少し様子が違う。

f:id:fumicicci:20170224222214j:plain

閉じ込められたらネバテヤ人に食べられてしまうぞ。

f:id:fumicicci:20170224222318j:plain

脱出。

f:id:fumicicci:20170224215906j:plain

暑い暑い。

ハルマゲドン

ふみちっちな世界史の終了する所に来てしまった。桜っぽい木が迎えてくれる。

f:id:fumicicci:20170217170327j:plain

門を抜けてハルマゲドンに入っても全く深刻さが感じられない。

f:id:fumicicci:20170217173026j:plain

この地下へ落ちていく道だけが不気味だ。

f:id:fumicicci:20170217183210j:plain

怖い怖い。

f:id:fumicicci:20170217183337j:plain続いて母の大好きなモザイクを見てきた。アイスクリームは旅の友だ。棒だけでは歩けない。

f:id:fumicicci:20170217203924j:plain

顔真似をする。

f:id:fumicicci:20170217204629j:plain

かやぴはほぼ寝ている。

f:id:fumicicci:20170217205221j:plain

モナリザは世界中にある

f:id:fumicicci:20170217205905j:plain

かなの婚礼も見てきた。

f:id:fumicicci:20170217223624j:plain

エルサレム

父上が雨のエルサレムに大学で行ったそうな。

f:id:fumicicci:20170214222448j:plainダビデと関係のないけどダビデの塔と呼ばれる所の考古学ツアーに参加したらしい。城壁の穴を潜って堀にでるとツアーは始まる。

f:id:fumicicci:20170214225432j:plain

ここに壮大なプールがあったことを想像してみろと、すべて想像の話を熱く語るガイド

f:id:fumicicci:20170214231235j:plain

そしてクライマックスはすごく地味だ。

f:id:fumicicci:20170214231527j:plain

ふみちっちも行ってみたいな。2年4か月ぶりに嘆きの壁のトンネルツアーにも参加したんだって

f:id:fumicicci:20170215013009j:plain

地底世界探検

朝早くから母が行きたいという地底に向かった。f:id:fumicicci:20170211181931j:plain
入り口は一見遺跡がごろごろしている村にあるf:id:fumicicci:20170211182119j:plain
狭い階段を降りると広い空間が広がる。f:id:fumicicci:20170211190016j:plain

狭いところもある。
f:id:fumicicci:20170211191207j:plain
地上の家は大変小さい。f:id:fumicicci:20170211194703j:plain
ふみちっちは疲れたら肩車だ
f:id:fumicicci:20170211202728j:plain
地下はいりくんでいて、登ったり下ったり、狭い穴を抜けたりして進む。f:id:fumicicci:20170211203735j:plain
水が貯まったりもしている。f:id:fumicicci:20170211204441j:plain
壁画のある宗教的な部屋もある。
f:id:fumicicci:20170211211936j:plain
地上にも少しきれいな建物があり、遠足して見に行く。
f:id:fumicicci:20170211213231j:plain
冒険の友は棒切れだ。f:id:fumicicci:20170211205451j:plain
広い空間は柔らかい白い石を掘って作られている。
f:id:fumicicci:20170211224720j:plain
夕方になって、ローマ劇場は見逃した
f:id:fumicicci:20170211225640j:plain

マサダ

涼しいうち行こうと、今日は死海の縁に立つマサダに行った。母はカーナビが何故か使えないのだが、誤ってロープウェイの無い側に連れられた。

f:id:fumicicci:20170203191406j:plain

ローマ軍と同じ道を攻め登る。

f:id:fumicicci:20170203194735j:plain

ビザンチン門まで後少し。

f:id:fumicicci:20170203195425j:plain

父上が昔見損じたという北の宮殿に向かう。

f:id:fumicicci:20170203200948j:plain

一人で写真を撮ってとねだる。

f:id:fumicicci:20170203201608j:plain

疲れた

f:id:fumicicci:20170203201708j:plain

かやぴも一緒。

f:id:fumicicci:20170203201812j:plain

父上と二人でロープウェイに乗って麓に降り、昼御飯を買い出した。死海側からの眺めも凄いぞ。

f:id:fumicicci:20170203211515j:plain

サンドイッチを買うと急いで戻った。

f:id:fumicicci:20170203213019j:plain

昼御飯を食べると元気になった。

f:id:fumicicci:20170203213042j:plain

死海の縁に降りる途中母は浮かれていた。

f:id:fumicicci:20170203225436j:plain

 死海の岸を走る頃にはぐっすり

f:id:fumicicci:20170203234250j:plain