読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

ハイファの墓

 

ネアンデルタール人の洞窟を目指してハイファに向かう途中、母がお墓に行きたいとちょっと向きを変えた。お昼ご飯を日陰で食べて、お墓巡りだ。 f:id:fumicicci:20170513120012j:plain

かやぴも陽気に歩き出す。

f:id:fumicicci:20170513121630j:plain

あら、丁度いい大きさの扉

f:id:fumicicci:20170513122254j:plain

でもなんか違う

f:id:fumicicci:20170513122259j:plain

この先は埋まっているのだ。

f:id:fumicicci:20170513122250j:plain

ミイラが怖いふみちっちも、ヘッドランプをもらってやってきたのだ

f:id:fumicicci:20170513122741j:plain

なかなかヘッドランプの出番がない

f:id:fumicicci:20170513122801j:plain

かやぴはどこでも登っていく

f:id:fumicicci:20170513122806j:plain

やっとミイラがいるかもしれない所に来た。

f:id:fumicicci:20170513124150j:plain

地図を持ってうろうろする

f:id:fumicicci:20170513123304j:plain

かやぴもライトをもらて意気揚々とやってくる

f:id:fumicicci:20170513124749j:plain

ふみちっちとライトの取り合いだ。f:id:fumicicci:20170513125129j:plain

どうやらここが一番大きな墓らしい

f:id:fumicicci:20170513124612j:plain

墓石の前に立たされる

f:id:fumicicci:20170513131944j:plain

かやぴもランプもち

f:id:fumicicci:20170513130823j:plain

へんなライオン

f:id:fumicicci:20170513132001j:plain

ふみちっちはこっちの絵の方が好き

f:id:fumicicci:20170513132115j:plain

母はこれが好き

f:id:fumicicci:20170513132926j:plain

かやぴはライトをもらってご満悦だ

 

ああ面白かった

f:id:fumicicci:20170513133658j:plain

古代の笑い方らしい。

f:id:fumicicci:20170513133659j:plain

近くの丘に登る

f:id:fumicicci:20170513142147j:plain

アザミの茂みだ

f:id:fumicicci:20170513141732j:plain

f:id:fumicicci:20170513130823j:plain

f:id:fumicicci:20170513142153j:plain

f:id:fumicicci:20170513142205j:plain

ふみちっちは馬除けが渡れない。

暗渠

母の気まぐれで暗渠に入ることになった。当日父上にそっけないブリーフィングを受けた。真っ暗、地下深い細いトンネル、水が流れている、首まで、出口まで半時間。あぷっぷ、ううー。近づいて来ると、目が宙をさまよう。

f:id:fumicicci:20170512134721j:plain

入り口でチケットを受け取った。70センチよ、幸運をだって。f:id:fumicicci:20170512153006j:plain

地下へどんどん降りていく。深いぞ。

f:id:fumicicci:20170512135311j:plain

なんか歴史の解説があったりするけど、耳に入らない。立てこもって戦うときに水がくめるとか、どっかの山から水路を引いたとか、どうでもいい。

f:id:fumicicci:20170512135719j:plain

皆大集団で臨んでいる。興奮気味だ。

f:id:fumicicci:20170512135530j:plain

入り口では水がごうごうと音を立てて狭い水路に流れていく。どこへ流れていくのかは真っ暗で見えない。ちょっと偵察に行った父の報告では急激に深くなっていくらしい。水も冷たく、引き返す人もちらほら。

 かやぴを抱っこしていた父上が、かやぴを母に渡して、ふみちっちを抱っこしてくれることになった。父上のヘッドランプももらって出直した。

f:id:fumicicci:20170512141437j:plain

暫く抱っこしてもらったら浅くなった。

f:id:fumicicci:20170512141509j:plain

後はどんどんイケイケだ。 f:id:fumicicci:20170512141529j:plain

エイラットでうんちをした水着で冒険だ

かやぴも探検だ

やっと外に出れた。

f:id:fumicicci:20170512143355j:plain

太陽がまぶしい。

f:id:fumicicci:20170512143405j:plain

こんなので行った人がいたんだ。

f:id:fumicicci:20170512143432j:plain

帰りは城壁の発掘トンネルを伝って戻る。

f:id:fumicicci:20170512145805j:plain

父上が待ってくれなくて泣く。

f:id:fumicicci:20170512145134j:plain

母にも見捨てられる。

f:id:fumicicci:20170512145302j:plain

やっと本当に外に出た。

f:id:fumicicci:20170512151113j:plain

かやぴは颯爽と歩く

f:id:fumicicci:20170512151114j:plain

ふみちっちは今になって無駄に冒険のふりをする。

f:id:fumicicci:20170512151056j:plain

エルサレムだ。

f:id:fumicicci:20170512151034j:plain

荷物を取りに戻ってお菓子を食べる。足が冷えてお腹が空いた。

f:id:fumicicci:20170512153012j:plain

 

お墓

 

 

 

朝から王様のお墓が百個もあるという所に出かける。f:id:fumicicci:20170505101700j:plain

ミイラの声があちらこちらから聞こえて怖い

f:id:fumicicci:20170505101532j:plain

ミイラはお尻を触ったりする

f:id:fumicicci:20170505102040j:plain

闇の中からほーほーとミイラの声がする

f:id:fumicicci:20170505102357j:plain

かやぴは全然怖くない

f:id:fumicicci:20170505102157j:plain

ふみちっちは一人ではだからお墓には入らない

f:id:fumicicci:20170505102320j:plain

ミイラが来たら逃げるのだ

f:id:fumicicci:20170505103205j:plain

かやぴは一人で歩く

f:id:fumicicci:20170505102756j:plain

かやぴはミイラみたいな顔しているのだ

f:id:fumicicci:20170505103457j:plain

母と穴を通り抜けた

f:id:fumicicci:20170505104005j:plain

地下におうちが見える

f:id:fumicicci:20170505104521j:plain

落ちたら怖い

f:id:fumicicci:20170505104536j:plain

父上はお墓に上ってしまった。

f:id:fumicicci:20170505104055j:plain

かやぴはお墓で迷う

f:id:fumicicci:20170505104053j:plain

誰もいない

f:id:fumicicci:20170505104126j:plain

そのうち、迷宮に迷い込んだ

f:id:fumicicci:20170505104731j:plain

壁の穴を抜けると外に出られる

f:id:fumicicci:20170505105025j:plain

海沿い

f:id:fumicicci:20170505111117j:plain

一人でミイラから逃げていく

f:id:fumicicci:20170505105138j:plain

ここもやはり暑い

f:id:fumicicci:20170505111137j:plain

影が恋しい

f:id:fumicicci:20170505105624j:plain

深く暗い横穴があるのだ

f:id:fumicicci:20170505111855j:plain

地下の街跡

f:id:fumicicci:20170505112403j:plain

王様の墓を後にして空港に向かう。空港のある街でラザロの墓のある教会に行った。

f:id:fumicicci:20170505132926j:plain

ラザロの棺桶だ

f:id:fumicicci:20170505133155j:plain

なんかみんなが汲んでいく水

f:id:fumicicci:20170505133403j:plain

墓が下にある教会

f:id:fumicicci:20170505133745j:plain

外は暑い

f:id:fumicicci:20170505134045j:plain

多分ラザロの骨

f:id:fumicicci:20170505133843j:plain

f:id:fumicicci:20170505134047j:plain

海沿いでランチを食べた。イスラエルでは食べにくい魚介料理だ

f:id:fumicicci:20170505134620j:plain

ラザロの墓は熱心な信者がいっぱいやってくる

モザイク

昨日までに母は見たいとしていたすべての教会を回ることができたそうだ。今日は修道院を一つ見て、ふみちっちの待っていた海に行くのだ。

f:id:fumicicci:20170504095510j:plain

殆ど何も見せてもらえない修道院ではリンゴと水をもらって、山への道を案内された。

f:id:fumicicci:20170504102712j:plain

車を道路わきに止めて登る

f:id:fumicicci:20170504102608j:plain

ふみちっちは外歩きの方が好きなのだ

f:id:fumicicci:20170504102342j:plain

近くには滝もある

f:id:fumicicci:20170504103054j:plain

この洞窟に籠った隠者が、修道院の起こりである

f:id:fumicicci:20170504102721j:plain

ここは誰でも入れるのだ。

f:id:fumicicci:20170504102908j:plain

良い景色を楽しんだので降りる

f:id:fumicicci:20170504103036j:plain

ワイナリーに囲まれた修道院に来た。

f:id:fumicicci:20170504111458j:plain

観光地になっているだけで、修道院にはほぼ見るものがない。

f:id:fumicicci:20170504111202j:plain

飽きてふらふらしたふみちっちは一瞬迷子になってしまった。

f:id:fumicicci:20170504112149j:plain

ガラスやとかもあるが、レースが伝統的なものらしい

f:id:fumicicci:20170504113434j:plain

観光地として人気上昇中のようで、新しい店が次々と作られている

f:id:fumicicci:20170504113516j:plain

変わった味のワインも買った

f:id:fumicicci:20170504113941j:plain

お菓子も少し買った

f:id:fumicicci:20170504112958j:plain

やっと海に向かう。

f:id:fumicicci:20170504104607j:plain

海と言っても海岸沿いの公園に入って、母がモザイクを見た

f:id:fumicicci:20170504150140j:plain

暑い中を歩き回って疲れた。

f:id:fumicicci:20170504150239j:plain

海と違ってちょっと腹立たしい

f:id:fumicicci:20170504150146j:plain

かやぴも暑くて疲れてきた

f:id:fumicicci:20170504151307j:plain

父上の肩車でないと動けなくなってしまった。

f:id:fumicicci:20170504153556j:plain

きれいなモザイクは限られたところにしかなかった

f:id:fumicicci:20170504151051j:plain

水疱瘡の薬が日焼け止めのようだ

f:id:fumicicci:20170504152853j:plain建物は涼しい

f:id:fumicicci:20170504154225j:plain

ふみちっちは肩車で公園から運び出された。疲れた。

f:id:fumicicci:20170504152906j:plain

トロードス山々は続く

今日は宿の近くから始まる。昨夜ほとんど散歩したところなのに、車だと大変な遠回り。f:id:fumicicci:20170503092416j:plain

どこも絵がぎっしりだ。たぶん窓とかがないからだ。

f:id:fumicicci:20170503092354j:plain

柱もだ。

隣の博物館にも入った。なんじゃこりゃ。

f:id:fumicicci:20170503094109j:plain

かやぴはうっとり。

f:id:fumicicci:20170503093747j:plain

なにもってんのかなあ

f:id:fumicicci:20170503094137j:plain

今日は修道院にも行ってみるのだ。

f:id:fumicicci:20170503101454j:plain

修道院には誰でも泊まれるそうでたくさん客室がある。

f:id:fumicicci:20170503102508j:plain

扉がなぜかすごく低い

f:id:fumicicci:20170503102501j:plain

掃除中の部屋をのぞくと悪くなさそう

f:id:fumicicci:20170503102722j:plain

水回りがダメなんだって

f:id:fumicicci:20170503102914j:plain

あの井戸しかないのかなあ

f:id:fumicicci:20170503102508j:plain

お祈り中の人が中にいたりする

f:id:fumicicci:20170503102929j:plain

目覚ましかなあ

f:id:fumicicci:20170503103004j:plain

朝ご飯を修道士が持ってきてくれるようだ。アトラクションかなあ。

f:id:fumicicci:20170503103029j:plain

かやぴ博物館に潜入するも、泣いて撤退する。

f:id:fumicicci:20170503103226j:plain

うろうろ

f:id:fumicicci:20170503105150j:plain

帰るかf:id:fumicicci:20170503105221j:plain

通りがかりの町々に卵がおいてある。フライパンに入った肉のお供えがあることもある。

f:id:fumicicci:20170503113222j:plain

遠くまで移動

f:id:fumicicci:20170503121616j:plain

ドイツ人の大きなツアーに押し出された。

でも同じ店で同じものを食べたので、直ぐに料理が出てきた。

f:id:fumicicci:20170503123545j:plain

長く車に乗った後は、かやぴも歩かないといけない

f:id:fumicicci:20170503132127j:plain

ふみちっちも遊ばないといけない

f:id:fumicicci:20170503132141j:plain

とんでもない道を通って次の教会に向かう

f:id:fumicicci:20170503140902j:plain

ちょっと埋もれていた。

f:id:fumicicci:20170503141131j:plain

外壁にも絵が残っているのだ。

f:id:fumicicci:20170503141159j:plain

雪除けと外壁の間は、かやぴの運動会場

f:id:fumicicci:20170503141349j:plain

お兄ちゃんは優しくすると見せて

f:id:fumicicci:20170503141357j:plain

ほったらかしたり

f:id:fumicicci:20170503141426j:plain

倒したりする

f:id:fumicicci:20170503141436j:plain

またまた峠を超えていくと

f:id:fumicicci:20170503145113j:plain

おじさんがカギを持ってきてくれる教会がある

f:id:fumicicci:20170503151450j:plain

鍵で開けてもらえるところは、たいてい中も写真を撮ってよい

f:id:fumicicci:20170503153101j:plain

司祭が座っているところは駄目である

f:id:fumicicci:20170503153034j:plain

f:id:fumicicci:20170503153236j:plain

f:id:fumicicci:20170503153226j:plain

f:id:fumicicci:20170503153315j:plain

おじさんに、次の教会のおじさんに開けてもらえるようお願いしてもらう

f:id:fumicicci:20170503153722j:plain

最後の教会

f:id:fumicicci:20170503162142j:plain

f:id:fumicicci:20170503162043j:plain

f:id:fumicicci:20170503162302j:plain

f:id:fumicicci:20170503162619j:plain

f:id:fumicicci:20170503163234j:plain

f:id:fumicicci:20170503162126j:plain

中に十字架の破片が入っている。見せてもらったけどわからなかった。

f:id:fumicicci:20170503162521j:plain

f:id:fumicicci:20170503170503j:plain

 

 

 

トロードス山々

母の大好きなビザンチン教会をみるためにキプロスに飛んできた。

f:id:fumicicci:20170502090022j:plain

ふみちっちはブルーカードを無くしちゃったのでこの機会に新しいのをもらいたいのだ。

f:id:fumicicci:20170502090752j:plain

ホテルは一つ星。おじいちゃんの経営する、山の中にある小さな宿だ。

f:id:fumicicci:20170502095140j:plain

教会は山間の村々にあり、車で村から村へ山道を走って訪問する。

f:id:fumicicci:20170502110415j:plain

外見は特に宗教的でないが、中にはぎっしりと宗教画が描かれている。

f:id:fumicicci:20170502112022j:plain

ちょっと村中にあったものから、山の上に外れてある教会へ移動。

f:id:fumicicci:20170502114733j:plain

電話をかけて中に入れるか確認しなければならない。

f:id:fumicicci:20170502114751j:plain

 先に訪問した人がいたせいか、開いていた。

かやぴも一人で散策だ。

f:id:fumicicci:20170502115234j:plain

たいてい、外壁のさらに外側に雪除け屋根がついていて、昔の教会がおおわれている。f:id:fumicicci:20170502115903j:plain

ふみちっちは少し前に水疱瘡になってのだが、予防接種を受けていたため軽かった。

f:id:fumicicci:20170502115939j:plain

次の村に移動。たいてい町のコーヒーショップの人に頼んでカギを開けてもらうようだ。

f:id:fumicicci:20170502124308j:plain

鍵を開けてもらうまで、周りをうろうろして待つ。

f:id:fumicicci:20170502125353j:plain

屋根の敷板が飛んできて刺さりそうで怖い。

f:id:fumicicci:20170502125412j:plain

ふみちっちにうつされたかやぴの水疱瘡はひどい。

f:id:fumicicci:20170502125805j:plain

やっと中に入れてもらう。訪問客が来るたびに明けに来るのも大変だろう。

f:id:fumicicci:20170502130120j:plain

それ程人気のある観光対象ではなく、訪問者はみんな物好きだ。

f:id:fumicicci:20170502130406j:plain

写真を撮ってよい教会と、駄目な教会がある。

f:id:fumicicci:20170502130424j:plain

ここはよい。

f:id:fumicicci:20170502130435j:plain

屋根の裏側。

f:id:fumicicci:20170502130702j:plain

さて、みんな次に行くか。

f:id:fumicicci:20170502130753j:plain

外の方が好きなかやぴとふみちっち。

f:id:fumicicci:20170502130833j:plain

かやぴはよく転ぶ。

f:id:fumicicci:20170502130839j:plain

そして歩く

f:id:fumicicci:20170502130849j:plain

ふみちっちは登るのが好き。かやぴだけが登らせてもらうのは、ふみちっちは絶対に許せない。

f:id:fumicicci:20170502131107j:plain

次の教会に移動。

f:id:fumicicci:20170502133419j:plain

他の教会であった人にも会う。数少ない同じ場所をめぐる人だ。

f:id:fumicicci:20170502133428j:plain

覆いの下に昔の教会が見えている。

f:id:fumicicci:20170502134654j:plain

内側は、絵か絵がはがれた壁。

f:id:fumicicci:20170502133735j:plain

近くの村で遅い昼食をとろう。

f:id:fumicicci:20170502140412j:plain

どこの村にも大きな壺や窯がある。

f:id:fumicicci:20170502140510j:plain

お昼は、シェフを電話で呼び出すところから始まった。

f:id:fumicicci:20170502152348j:plain

ふみちっちは、鶏を捕まえるのに時間がかかっていると聞いたけど、本当かなあ。

f:id:fumicicci:20170502152907j:plain

かやぴも歩くことにした。

f:id:fumicicci:20170502153014j:plain

ふみちっちは、母とかやぴの間に入りたいのだけど、なかなか許してもらえない。

f:id:fumicicci:20170502153113j:plain

 かやぴは歩くのが一番好きだ。

 飽きるまで歩くぞ

雪の残る峠を超えて次の村に向かう。

f:id:fumicicci:20170502160945j:plain

教会以外は人家なし。

f:id:fumicicci:20170502171434j:plain

司祭だけが隣にすんでいるっぽい

f:id:fumicicci:20170502171502j:plain

ガリラヤ湖

キリストが布教活動に勤しんだらしいガラリヤ湖に行った。人はそんなに住んでないけど温泉があったりする。 

f:id:fumicicci:20170429100300j:plain

靴を脱ぐのが面倒な皆を代表して温泉を楽しんだ。

f:id:fumicicci:20170429100343j:plain

ここにはシナゴーグの遺跡があって、浮かれた獅子が描かれている

f:id:fumicicci:20170429100710j:plain

ふみちっちには、魚が双数形か複数形かは綴りだけからは分からない。

f:id:fumicicci:20170429100823j:plain

いつもの星座図

f:id:fumicicci:20170429100720j:plain

えい

f:id:fumicicci:20170429101011j:plain

模様がいつもと違う

f:id:fumicicci:20170429100930j:plain

はしれ

f:id:fumicicci:20170429101919j:plain

湖畔の丘に来た

f:id:fumicicci:20170429105355j:plain

f:id:fumicicci:20170429110346j:plain

かやぴはどこでも歩きたがる

f:id:fumicicci:20170429105636j:plain

ヤモリは噛むぞ

f:id:fumicicci:20170429110615j:plain

f:id:fumicicci:20170429115647j:plain

母がアザミを指さして、大きいと笑う

f:id:fumicicci:20170429110959j:plain

f:id:fumicicci:20170429110944j:plain

f:id:fumicicci:20170429120125j:plain

 

f:id:fumicicci:20170429120332j:plain父上が手を差し出して、バッタが大きいと驚く

f:id:fumicicci:20170429121019j:plain

f:id:fumicicci:20170429120432j:plain

ふみちっちはどこでもおしっこが出来るようになった。もう漏らさないぞ。

f:id:fumicicci:20170429121410j:plain

f:id:fumicicci:20170429121225j:plain

f:id:fumicicci:20170429122931j:plain

f:id:fumicicci:20170429121631j:plain

f:id:fumicicci:20170429122606j:plain

f:id:fumicicci:20170429122107j:plain

おおきなウサギが飛び出して来てにらみを利かした。おお怖い。

f:id:fumicicci:20170429122142j:plain

f:id:fumicicci:20170429123006j:plain

パンの奇跡の教会に来た。

f:id:fumicicci:20170429134158j:plain

ふみちっちがお休みしている間にかやぴは見学

f:id:fumicicci:20170429134137j:plain

かやぴはどこへ行っても人気で、皆に写真を撮られる。

f:id:fumicicci:20170429134141j:plain

f:id:fumicicci:20170429134207j:plain

f:id:fumicicci:20170429134217j:plain

f:id:fumicicci:20170429134240j:plain

f:id:fumicicci:20170429134421j:plain

f:id:fumicicci:20170429134338j:plain

f:id:fumicicci:20170429134250j:plain

f:id:fumicicci:20170429134447j:plain

f:id:fumicicci:20170429134449j:plain

f:id:fumicicci:20170429134546j:plain

f:id:fumicicci:20170429134845j:plain

f:id:fumicicci:20170429134547j:plain

ペテロの教会

f:id:fumicicci:20170429142327j:plain

f:id:fumicicci:20170429134727j:plain

ふみちっちは眠くて座り込んだ

f:id:fumicicci:20170429142627j:plain

絶対に動かない

f:id:fumicicci:20170429142712j:plain

f:id:fumicicci:20170429142645j:plain

ガラリヤ湖を触りに来た

f:id:fumicicci:20170429143922j:plain

洗礼である

f:id:fumicicci:20170429143944j:plain

f:id:fumicicci:20170429143814j:plain

カトリック教徒も頑張る

f:id:fumicicci:20170429144030j:plain

階段

 

f:id:fumicicci:20170429153926j:plain

f:id:fumicicci:20170429153740j:plain

f:id:fumicicci:20170429153322j:plain

f:id:fumicicci:20170429153451j:plain

f:id:fumicicci:20170429154242j:plain

f:id:fumicicci:20170429154310j:plain

f:id:fumicicci:20170429163410j:plain

f:id:fumicicci:20170429163534j:plain

f:id:fumicicci:20170429162614j:plain

f:id:fumicicci:20170429164323j:plain

f:id:fumicicci:20170429164701j:plain

f:id:fumicicci:20170429164814j:plain