ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

ヤナイ海岸

カエサリアの北の水利施設の遺跡を見た。f:id:fumicicci:20170603112114j:plain

昔のダムだ

f:id:fumicicci:20170603113207j:plain

 

当然ダム湖がある

f:id:fumicicci:20170603111951j:plain

ダムから町への導水路がありあるくことができる

f:id:fumicicci:20170603112152j:plain

歩いている人もいたのだけど、汚いからふみちっちは諦めた

f:id:fumicicci:20170603112417j:plain

細い迷路のようで、面白そうではあり、人気のようだ。

f:id:fumicicci:20170603112410j:plain

かやぴはぼっとしている。

f:id:fumicicci:20170603113503j:plain

遺跡はすべからく遊園地と化している

f:id:fumicicci:20170603113309j:plain

かやぴも歩きたいのだけど、父上はかやぴが池に落ちると思っている。そんなことないのに。

f:id:fumicicci:20170603113838j:plain

手を放して歩きたい。

f:id:fumicicci:20170603113941j:plain

ふみちっちはいつのひからか、一人で歩いても許されるようになった。

f:id:fumicicci:20170603113918j:plain

でも、あまり調子に乗ると注意される。

f:id:fumicicci:20170603113859j:plain

f:id:fumicicci:20170603113915j:plain

水車の説明を読む。

f:id:fumicicci:20170603113509j:plain

かやぴもちょっと自分であるいたけど、背後霊が気になる。

f:id:fumicicci:20170603114041j:plain

走った。

f:id:fumicicci:20170603114059j:plain

f:id:fumicicci:20170603113950j:plain

壁にも上る

f:id:fumicicci:20170603114148j:plain

ダムの放水路を開けて水車を回すデモがあるのだ

f:id:fumicicci:20170603115832j:plain

小さな古代の再現水車が回るのを見るのだ

f:id:fumicicci:20170603121100j:plain

まあ、回るよね。

f:id:fumicicci:20170603120350j:plain

落ちると大変なんだけど

f:id:fumicicci:20170603114204j:plain

巨大ナマズの見学

f:id:fumicicci:20170603123342j:plain

かやぴは、やっと「あれ」って言えるようになった。

f:id:fumicicci:20170603123435j:plain

f:id:fumicicci:20170603123908j:plain

カエサリアに続くと思われるのだけど、暑くて辿るのは諦める。

f:id:fumicicci:20170603124258j:plain

f:id:fumicicci:20170603124720j:plain

f:id:fumicicci:20170603124707j:plain

f:id:fumicicci:20170603124547j:plain

ヤナイビーチに移動して海で遊ぶことにした。

f:id:fumicicci:20170603144755j:plain

最初は怖かったけど、徐々に一人でも立てるところができた

f:id:fumicicci:20170603144745j:plain

いつまでも遊んでいたい。

f:id:fumicicci:20170603144808j:plain

母が暑くて気持ち悪くなった。

f:id:fumicicci:20170603144822j:plain

父上も暑くて気持ち悪くなった。

f:id:fumicicci:20170603144806j:plain

 

f:id:fumicicci:20170603144814j:plain

f:id:fumicicci:20170603144828j:plain

広告を非表示にする