読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

お墓

 

 

 

朝から王様のお墓が百個もあるという所に出かける。f:id:fumicicci:20170505101700j:plain

ミイラの声があちらこちらから聞こえて怖い

f:id:fumicicci:20170505101532j:plain

ミイラはお尻を触ったりする

f:id:fumicicci:20170505102040j:plain

闇の中からほーほーとミイラの声がする

f:id:fumicicci:20170505102357j:plain

かやぴは全然怖くない

f:id:fumicicci:20170505102157j:plain

ふみちっちは一人ではだからお墓には入らない

f:id:fumicicci:20170505102320j:plain

ミイラが来たら逃げるのだ

f:id:fumicicci:20170505103205j:plain

かやぴは一人で歩く

f:id:fumicicci:20170505102756j:plain

かやぴはミイラみたいな顔しているのだ

f:id:fumicicci:20170505103457j:plain

母と穴を通り抜けた

f:id:fumicicci:20170505104005j:plain

地下におうちが見える

f:id:fumicicci:20170505104521j:plain

落ちたら怖い

f:id:fumicicci:20170505104536j:plain

父上はお墓に上ってしまった。

f:id:fumicicci:20170505104055j:plain

かやぴはお墓で迷う

f:id:fumicicci:20170505104053j:plain

誰もいない

f:id:fumicicci:20170505104126j:plain

そのうち、迷宮に迷い込んだ

f:id:fumicicci:20170505104731j:plain

壁の穴を抜けると外に出られる

f:id:fumicicci:20170505105025j:plain

海沿い

f:id:fumicicci:20170505111117j:plain

一人でミイラから逃げていく

f:id:fumicicci:20170505105138j:plain

ここもやはり暑い

f:id:fumicicci:20170505111137j:plain

影が恋しい

f:id:fumicicci:20170505105624j:plain

深く暗い横穴があるのだ

f:id:fumicicci:20170505111855j:plain

地下の街跡

f:id:fumicicci:20170505112403j:plain

王様の墓を後にして空港に向かう。空港のある街でラザロの墓のある教会に行った。

f:id:fumicicci:20170505132926j:plain

ラザロの棺桶だ

f:id:fumicicci:20170505133155j:plain

なんかみんなが汲んでいく水

f:id:fumicicci:20170505133403j:plain

墓が下にある教会

f:id:fumicicci:20170505133745j:plain

外は暑い

f:id:fumicicci:20170505134045j:plain

多分ラザロの骨

f:id:fumicicci:20170505133843j:plain

f:id:fumicicci:20170505134047j:plain

海沿いでランチを食べた。イスラエルでは食べにくい魚介料理だ

f:id:fumicicci:20170505134620j:plain

ラザロの墓は熱心な信者がいっぱいやってくる