読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

紅海

エイラットでは海中水族館に行った。f:id:fumicicci:20170331103512j:plain

紅海に大きなサメがいるかは知らない。

f:id:fumicicci:20170331103609j:plain

日差しが強くて父上は嫌がって、さっさとサメを見に行ってしまった。

f:id:fumicicci:20170331103729j:plain

水族館のサメの餌やりは大人気イベントだった。

f:id:fumicicci:20170331110405j:plain

でも正直サメが何かを食べるのは見れなかった。

f:id:fumicicci:20170331110414j:plain

かやぴは一人で歩ける。

f:id:fumicicci:20170331112211j:plain

外の海は青い

f:id:fumicicci:20170331115506j:plain

赤いのは船ぐらい

f:id:fumicicci:20170331115307j:plain山は赤い

f:id:fumicicci:20170331115509j:plain

エジプトの国境が見える

f:id:fumicicci:20170331120208j:plain

砂漠の山f:id:fumicicci:20170331120744j:plain

水族館の外に出るとラクダがいた。ふみちっちは父上に頼んで乗せてもらうことにしたのだが、かやぴと先に乗って行ってしまった。

f:id:fumicicci:20170331130614j:plain

わんわん泣いて文句を言ったけど、父上とかやぴは涼しい顔をして楽しんでいた。

f:id:fumicicci:20170331130456j:plain

次はふみちっちの番だった。

f:id:fumicicci:20170331130759j:plain

母と一緒だ。慎重に乗る。さっきはここでかやぴに先を越されたのだ。

f:id:fumicicci:20170331130802j:plain

うれしい

結構前後に揺れて楽しい

f:id:fumicicci:20170331130810j:plain

f:id:fumicicci:20170331131045j:plain

得意満面だ

f:id:fumicicci:20170331130810j:plain

母とはおそろいの服なのだ。

f:id:fumicicci:20170331131159j:plain

海辺でお昼に魚をたくさん食べたあと、海で泳いだ。そして紅海ではうんちをした。父上が手で水着の中のうんちを掻き出してくれた。魚が餌に群れる鯉のようにふみちっちのうんちに群れた。怖かった。

f:id:fumicicci:20170331150850j:plain

かやぴは相撲のけいこ

f:id:fumicicci:20170331150920j:plain

海は足を見ずにつけただけで怖くて泣いた。

f:id:fumicicci:20170331150918j:plain

ふみちっちはホテルは大好きだ