読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

アンモナイト

涼しいうちイスラエルの南を探検することにした。まずはネゲブ砂漠の真ん中のラモンクレーターだ。

f:id:fumicicci:20170330111043j:plain

 何となく外輪山があるとクレーターだ

f:id:fumicicci:20170330111056j:plain

 崖があるので気持ちよくかつ怖い。

f:id:fumicicci:20170330114425j:plain

 アイベックスもうろうろしている。お尻は触れなかった。

f:id:fumicicci:20170330120350j:plain

 ふみちっちは子供が特に好きだ。

f:id:fumicicci:20170330120440j:plain

 でもやっぱりお尻は触れない

f:id:fumicicci:20170330120551j:plain

クレーターの底には変な場所がある

f:id:fumicicci:20170330134231j:plain

煉瓦みたいな石がゴロゴロしている。

f:id:fumicicci:20170330134831j:plain

カラフルと聞いたが大体黒い 

f:id:fumicicci:20170330135117j:plain

 どこに行っても周りを把握するには地図が大切だ

f:id:fumicicci:20170330135431j:plain

 母も一人うろうろしている

f:id:fumicicci:20170330135433j:plain

 父上のお許しを得て石を拾った

f:id:fumicicci:20170330135848j:plain

手に石を持つと途端に歩くのが難しくなる

f:id:fumicicci:20170330135940j:plain

ちょっと色がついていなくもない

f:id:fumicicci:20170330140235j:plain

アンモナイトの壁があると聞いて場所を移動。でも暑くてしんどい。

f:id:fumicicci:20170330142819j:plain

 ぐずぐずしていると、父上に放って行かれる。豹もいるらしいのに。

f:id:fumicicci:20170330142950j:plain

やっと着いた。アンモナイトの壁だ。

f:id:fumicicci:20170330143901j:plain

 全部アンモナイトだ。母はまだ気づいていない。

f:id:fumicicci:20170330144010j:plain

 アンモナイトの壁を登る

f:id:fumicicci:20170330144022j:plain

 うんちみたいだ。

f:id:fumicicci:20170330144431j:plain

 先っぽが見えた。

f:id:fumicicci:20170330144506j:plain

丁度登り安い角度なのだ。f:id:fumicicci:20170330144520j:plain

このズボンはお尻がすぐに出てしまう。替えてほしいな。

f:id:fumicicci:20170330144758j:plain

知らない動物にも覗かれた。

f:id:fumicicci:20170330144947j:plain

 クレーターを抜け出ると、エジプトとの国境沿いを走る

f:id:fumicicci:20170330163453j:plain

 レッドキャニオンにやってきた。転んで泣く。毎度のこと。

f:id:fumicicci:20170330165433j:plain

機嫌を直して岩登り

f:id:fumicicci:20170330170929j:plain

高いぞ。ここはみんな登るところ。

f:id:fumicicci:20170330170944j:plain

 登るぞ

f:id:fumicicci:20170330171129j:plain

赤い谷が始まる

f:id:fumicicci:20170330171704j:plain

早く早く

f:id:fumicicci:20170330171707j:plain

かやぴは楽ちんだ

f:id:fumicicci:20170330171822j:plain

他にも小さい子がいっぱいいた

f:id:fumicicci:20170330171916j:plain

梯子が何個かある 

f:id:fumicicci:20170330172450j:plain

 崖を伝って歩くときは父上がたよりだ

f:id:fumicicci:20170330172605j:plain

母はこういうのが大好きらしい

f:id:fumicicci:20170330172822j:plain

アスレチックだと喜んでいた。

f:id:fumicicci:20170330172838j:plain

谷をどんどん下るぞ

f:id:fumicicci:20170330173231j:plain

かやぴも歩くぞ

f:id:fumicicci:20170330173346j:plain

川底が柔らかく、かやぴは歩きにくい

 谷を降りてしまうと、今度はう回路から登らねばならない

f:id:fumicicci:20170330174152j:plain

かやぴも登

f:id:fumicicci:20170330174449j:plain

登りは登りで険しい

f:id:fumicicci:20170330175303j:plain

谷の周りは砂漠だ

f:id:fumicicci:20170330181127j:plain

疲れた。もう歩けない。

f:id:fumicicci:20170330180707j:plain

ホテルのあるエイラットに向かった。エイラットの山は赤くて不思議だ。

f:id:fumicicci:20170330183410j:plain