読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

サマリア人と十字架

父上は先週の遺跡見学の最後に足を挫いていて、治りきっていない。ふみちっちはこの頃は歩くのが好きになってしまったのだが、今週は仕方がないので、あまり歩かなくてよいところに行くことにした。善きサマリア人の宿はモザイックの博物館になっていて、これが好きなふみちっちと母で喜んでやってきた。f:id:fumicicci:20170303113233j:plain

敷地の中は毛虫だらけでベビーカーから降りれなかったのだけど、建物の中は大丈夫だ。

f:id:fumicicci:20170303113301j:plain

きれいなモザイックにすっかり満足だ。

f:id:fumicicci:20170303113607j:plain

カソリック幼稚園児だったふみちっちにも善きサマリア人が何かまでは、実は知らなかった。

f:id:fumicicci:20170303113815j:plain

こういうことは、その場で覚えれば良いのだ。

f:id:fumicicci:20170303114213j:plain

かやぴもかなりお気に入りだ。

f:id:fumicicci:20170303114617j:plain

プロテスタント女子中高生だったことのある母が一番気に入っている。

f:id:fumicicci:20170303114749j:plain

ふみちっちとかやぴの会見。

f:id:fumicicci:20170303122853j:plain

手からは大好きな地図が離せない。

f:id:fumicicci:20170303123130j:plain

ふみちっちは毛虫が怖いので、かやぴに踏みつぶすように言ったのだけど、なかなか踏んでくれない。役立たずだ。

その後近くの修道院を二つほど訪問したけれども閉まっていて入れず、磔刑の十字架が切り出されたオリーブの木の跡にある修道院に行ってきた。

f:id:fumicicci:20170303135519j:plain

木の跡にある金の枠に泣いてキスをするのだ。

f:id:fumicicci:20170303140617j:plain

ふみちっちも信仰深いのだ。プロテスタントカソリックも関係ない。なぜならここはギリシャ正教の修道院だからだ。

f:id:fumicicci:20170303140630j:plain

たくさんの修道士のパンを焼くのは大変だったようだ。

f:id:fumicicci:20170303141406j:plain

悪いことしちゃだめよ。

f:id:fumicicci:20170303141846j:plain

ずっと、ねこが監視についてきていた。

f:id:fumicicci:20170303123147j:plain

f:id:fumicicci:20170303115114j:plain

f:id:fumicicci:20170303142428j:plain

 

f:id:fumicicci:20170303140120j:plain

f:id:fumicicci:20170303144028j:plain

f:id:fumicicci:20170303142152j:plain