読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

海の向こうへ

連休に帰省すると翌朝には海を越えることにした。

飴と鞭を見る。父上、母、じいじ、ばあば、皆微妙な顔をしている。

f:id:fumicicci:20150503103445j:plain

 父上と母は二度目だそうだ

f:id:fumicicci:20150503104946j:plain

 でもあんまり覚えていないらしい。

f:id:fumicicci:20150503105133j:plain

 なぜか触っても怒られないので魚遊びをした。

f:id:fumicicci:20150503105334j:plain

 どんどん次の土地に飛んでいく。

f:id:fumicicci:20150503111521j:plain

 お昼の後にヤモリを見つけた。父上は大嫌いだそうだけど、母はかわいいという。

  とりあえず、怖くないことにした。

f:id:fumicicci:20150503123001j:plain

 でも高いところは怖い。本当はここへ来るまでの道の毛虫がずっと怖かった。

渦巻きの後は少し新しい絵も見た。

f:id:fumicicci:20150503134404j:plain

 でも、父上と母は古い時代の方が面白いそうで、地下に戻って来た。

長槍部隊の頭を見るころにはぐっすりだ。

f:id:fumicicci:20150503140613j:plain

 ふみちっちと同じでみんな帽子が大好き。

f:id:fumicicci:20150503143041j:plain

 連休なのにこの辺りは人があまりおらず、静かだ。

母は二度目だそうだ。今度はふみちっちも連れて行ってくれるって。

f:id:fumicicci:20150503145303j:plain

羽が生えている人だ

f:id:fumicicci:20150503153809j:plain

 ふみちっちはブーブに乗るのが大好きだ。

f:id:fumicicci:20150503163736j:plain