読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみちっちの冒険、かやぴの探検

ふみちっちとかやぴが、その触れる世界を綴る

紅海

エイラットでは海中水族館に行った。f:id:fumicicci:20170331103512j:plain

紅海に大きなサメがいるかは知らない。

f:id:fumicicci:20170331103609j:plain

日差しが強くて父上は嫌がって、さっさとサメを見に行ってしまった。

f:id:fumicicci:20170331103729j:plain

水族館のサメの餌やりは大人気イベントだった。

f:id:fumicicci:20170331110405j:plain

でも正直サメが何かを食べるのは見れなかった。

f:id:fumicicci:20170331110414j:plain

かやぴは一人で歩ける。

f:id:fumicicci:20170331112211j:plain

外の海は青い

f:id:fumicicci:20170331115506j:plain

赤いのは船ぐらい

f:id:fumicicci:20170331115307j:plain山は赤い

f:id:fumicicci:20170331115509j:plain

エジプトの国境が見える

f:id:fumicicci:20170331120208j:plain

砂漠の山f:id:fumicicci:20170331120744j:plain

水族館の外に出るとラクダがいた。ふみちっちは父上に頼んで乗せてもらうことにしたのだが、かやぴと先に乗って行ってしまった。

f:id:fumicicci:20170331130614j:plain

わんわん泣いて文句を言ったけど、父上とかやぴは涼しい顔をして楽しんでいた。

f:id:fumicicci:20170331130456j:plain

次はふみちっちの番だった。

f:id:fumicicci:20170331130759j:plain

母と一緒だ。慎重に乗る。さっきはここでかやぴに先を越されたのだ。

f:id:fumicicci:20170331130802j:plain

うれしい

結構前後に揺れて楽しい

f:id:fumicicci:20170331130810j:plain

f:id:fumicicci:20170331131045j:plain

得意満面だ

f:id:fumicicci:20170331130810j:plain

母とはおそろいの服なのだ。

f:id:fumicicci:20170331131159j:plain

海辺でお昼に魚をたくさん食べたあと、海で泳いだ。そして紅海ではうんちをした。父上が手で水着の中のうんちを掻き出してくれた。魚が餌に群れる鯉のようにふみちっちのうんちに群れた。怖かった。

f:id:fumicicci:20170331150850j:plain

かやぴは相撲のけいこ

f:id:fumicicci:20170331150920j:plain

海は足を見ずにつけただけで怖くて泣いた。

f:id:fumicicci:20170331150918j:plain

ふみちっちはホテルは大好きだ

アンモナイト

涼しいうちイスラエルの南を探検することにした。まずはネゲブ砂漠の真ん中のラモンクレーターだ。

f:id:fumicicci:20170330111043j:plain

 何となく外輪山があるとクレーターだ

f:id:fumicicci:20170330111056j:plain

 崖があるので気持ちよくかつ怖い。

f:id:fumicicci:20170330114425j:plain

 アイベックスもうろうろしている。お尻は触れなかった。

f:id:fumicicci:20170330120350j:plain

 ふみちっちは子供が特に好きだ。

f:id:fumicicci:20170330120440j:plain

 でもやっぱりお尻は触れない

f:id:fumicicci:20170330120551j:plain

クレーターの底には変な場所がある

f:id:fumicicci:20170330134231j:plain

煉瓦みたいな石がゴロゴロしている。

f:id:fumicicci:20170330134831j:plain

カラフルと聞いたが大体黒い 

f:id:fumicicci:20170330135117j:plain

 どこに行っても周りを把握するには地図が大切だ

f:id:fumicicci:20170330135431j:plain

 母も一人うろうろしている

f:id:fumicicci:20170330135433j:plain

 父上のお許しを得て石を拾った

f:id:fumicicci:20170330135848j:plain

手に石を持つと途端に歩くのが難しくなる

f:id:fumicicci:20170330135940j:plain

ちょっと色がついていなくもない

f:id:fumicicci:20170330140235j:plain

アンモナイトの壁があると聞いて場所を移動。でも暑くてしんどい。

f:id:fumicicci:20170330142819j:plain

 ぐずぐずしていると、父上に放って行かれる。豹もいるらしいのに。

f:id:fumicicci:20170330142950j:plain

やっと着いた。アンモナイトの壁だ。

f:id:fumicicci:20170330143901j:plain

 全部アンモナイトだ。母はまだ気づいていない。

f:id:fumicicci:20170330144010j:plain

 アンモナイトの壁を登る

f:id:fumicicci:20170330144022j:plain

 うんちみたいだ。

f:id:fumicicci:20170330144431j:plain

 先っぽが見えた。

f:id:fumicicci:20170330144506j:plain

丁度登り安い角度なのだ。f:id:fumicicci:20170330144520j:plain

このズボンはお尻がすぐに出てしまう。替えてほしいな。

f:id:fumicicci:20170330144758j:plain

知らない動物にも覗かれた。

f:id:fumicicci:20170330144947j:plain

 クレーターを抜け出ると、エジプトとの国境沿いを走る

f:id:fumicicci:20170330163453j:plain

 レッドキャニオンにやってきた。転んで泣く。毎度のこと。

f:id:fumicicci:20170330165433j:plain

機嫌を直して岩登り

f:id:fumicicci:20170330170929j:plain

高いぞ。ここはみんな登るところ。

f:id:fumicicci:20170330170944j:plain

 登るぞ

f:id:fumicicci:20170330171129j:plain

赤い谷が始まる

f:id:fumicicci:20170330171704j:plain

早く早く

f:id:fumicicci:20170330171707j:plain

かやぴは楽ちんだ

f:id:fumicicci:20170330171822j:plain

他にも小さい子がいっぱいいた

f:id:fumicicci:20170330171916j:plain

梯子が何個かある 

f:id:fumicicci:20170330172450j:plain

 崖を伝って歩くときは父上がたよりだ

f:id:fumicicci:20170330172605j:plain

母はこういうのが大好きらしい

f:id:fumicicci:20170330172822j:plain

アスレチックだと喜んでいた。

f:id:fumicicci:20170330172838j:plain

谷をどんどん下るぞ

f:id:fumicicci:20170330173231j:plain

かやぴも歩くぞ

f:id:fumicicci:20170330173346j:plain

川底が柔らかく、かやぴは歩きにくい

 谷を降りてしまうと、今度はう回路から登らねばならない

f:id:fumicicci:20170330174152j:plain

かやぴも登

f:id:fumicicci:20170330174449j:plain

登りは登りで険しい

f:id:fumicicci:20170330175303j:plain

谷の周りは砂漠だ

f:id:fumicicci:20170330181127j:plain

疲れた。もう歩けない。

f:id:fumicicci:20170330180707j:plain

ホテルのあるエイラットに向かった。エイラットの山は赤くて不思議だ。

f:id:fumicicci:20170330183410j:plain

 

 

 

 

エルサレム壁を歩く

天気の良いエルサレムに行った。キリストのお墓で歌のついた儀式があった。ふみちっちはずっと居たかったのだけど、かやぴが飽きたので早々と帰った。

途中の商店街ではなぜか羊の縫いぐるみがたくさん売られている。

f:id:fumicicci:20170325091143j:plain

母があまり可愛くないって言って買ってもらえない。

f:id:fumicicci:20170325091612j:plain

壁登りのチケットやに行くと、ふみちっちもチケットが必要であった。カウンターの下でふみちっちが見えずにかやぴだけが見えたお姉さんが、チケットを売ったおじさんにこの子にチケットを売るのかと驚愕していた。

f:id:fumicicci:20170325093035j:plain

天気がいい日は日差しが痛い。

f:id:fumicicci:20170325094509j:plain

母のコートは一気に用なしだ。

f:id:fumicicci:20170325095122j:plain

父上はふみちっちが落ちないかと気が気がない様子。ドジっ子と全く信用していない。

f:id:fumicicci:20170325095233j:plain

ふみちっちは父上の会社はこの金色の建物だとずっと思っていたのだ。遂に見たのだけど、ここじゃないんだって。

f:id:fumicicci:20170325095505j:plain

ふみちっちの真似をする悪い奴を見つけた

f:id:fumicicci:20170325111911j:plain

どんどん歩くのだ。降りたり。

f:id:fumicicci:20170325095657j:plain

登ったり。

f:id:fumicicci:20170325100039j:plain

城壁の北の半分を終わるとロックフェラーセンターに入る。

f:id:fumicicci:20170325104553j:plain

中庭でおにぎりを食べた。おいしくて三つも食べた。

f:id:fumicicci:20170325104903j:plain

ライオンにも乗れる。公園のと違って揺らせない。

f:id:fumicicci:20170325104923j:plain

水の吹き出し口ごときに彫刻して。

f:id:fumicicci:20170325105533j:plain

かやぴも彫刻が大好きなのだ。

f:id:fumicicci:20170325105634j:plain

かやぴの足がこんなに大きくなるには、もういくつ寝るといいんだろう。

f:id:fumicicci:20170325105636j:plain

父上の足よりおおきいなあ。

f:id:fumicicci:20170325105933j:plain

人だ人だ

f:id:fumicicci:20170325111527j:plain

建物の中は古いものがたくさん

f:id:fumicicci:20170325111628j:plain

こわいなあ

f:id:fumicicci:20170325112209j:plain

入りたくない。お兄ちゃんと一緒に見る。

f:id:fumicicci:20170325112758j:plain

タクシーで入り口に戻ってダビデの塔に上った。

f:id:fumicicci:20170325120717j:plain

この前向こうの丘に行ったときは雨で寒かったなあ。

f:id:fumicicci:20170325121937j:plain

ダビデとは何の関係もない、ダビデの塔で建物見学。隙間から城壁が見えるぞ。

f:id:fumicicci:20170325122417j:plain

歴史を少し勉強

f:id:fumicicci:20170325124942j:plain

今度は城壁の南側に出発。父上はこの兵器庫の発掘現場のツアーに行ったそうだ。

f:id:fumicicci:20170325130716j:plain

南側の壁は通路が溝になっていて怖くない。でも、ふみちっちには何も見えない。

f:id:fumicicci:20170325130848j:plain

そろそろ疲れてきて、階段は母にお尻を押してもらわないと登れない

f:id:fumicicci:20170325131612j:plain

這うようにして一段一段を登った。

f:id:fumicicci:20170325131622j:plain

後ろがつかえているぞ。

f:id:fumicicci:20170325131639j:plain

地図読みはいかなる時でも大切だ。

f:id:fumicicci:20170325131913j:plain

もう少し

f:id:fumicicci:20170325132613j:plain

ははに手を引かれて頑張る

f:id:fumicicci:20170325132812j:plain

父上はあまり待ってくれない

f:id:fumicicci:20170325133437j:plain

最後は疲れ果てて、額を地面についてうなった。

f:id:fumicicci:20170325142047j:plain

ここからヤッファ門までは父上の肩車だ。途中でぐっすり寝て、門の前でアイスクリームを買ってあげるとの母の声で目が覚めた。

北の境

イスラエル北の境に行ってきた。f:id:fumicicci:20170318104835j:plain

その境は山脈の片側になっている。

f:id:fumicicci:20170318104918j:plain

小さいエレベータのようなロープウェイで海まで下りる。

f:id:fumicicci:20170318111221j:plain

ちょっとした青の洞窟。

f:id:fumicicci:20170318111842j:plain

割れ目の多い岩だ。

f:id:fumicicci:20170318113014j:plain

一通り見学が終わると、おにぎりとサンドイッチを食べて、かやちゃんはお歩き。

f:id:fumicicci:20170318115700j:plain

イギリスの作ったトンネルも全部歩けた。

f:id:fumicicci:20170318115716j:plain

とことこ元気に歩くけど、段差にはものすごく慎重なんだ。

f:id:fumicicci:20170318115750j:plain

ふみちっちには押さないでほしい。

f:id:fumicicci:20170318115900j:plain

上に上るとレバノンとの国境だ。この向こうはISの土地だぞ。

f:id:fumicicci:20170318124734j:plain

アッコに移動してモスクを見た。女性専用の祈り部屋に上る。

f:id:fumicicci:20170318145629j:plain

f:id:fumicicci:20170318145506j:plain

回廊はずいぶんとくたびれている

f:id:fumicicci:20170318150133j:plain

父上に引っ張られてうっかり城壁の上に来てしまった。風が強くて怖い。

f:id:fumicicci:20170318162930j:plain

でも慣れてしまえばへっちゃらだ。

f:id:fumicicci:20170318164147j:plain

とおくハイファを望む

f:id:fumicicci:20170318164620j:plain

プリムは続く

父上の職場でもプリムがあるらしいと聞いて駆け付けた。

f:id:fumicicci:20170313114137j:plain

なんだか人形の作り方を教えてくれる人までやってくるらしい。

f:id:fumicicci:20170313114216j:plain

それはそうと、父上はお隣さんのことをフェイマス弁護士と呼んでいる。フェイマス弁護士夫人のダニエラさんからハッピープリムのお菓子を突然もらった。

f:id:fumicicci:20170312200714j:plain

なかみはすごいチョコだ。

f:id:fumicicci:20170312201043j:plain

これを皆にも分けた。

f:id:fumicicci:20170319052704j:plain

靴下お化けを作ったぞ。

f:id:fumicicci:20170319052716j:plain

そのあとは会議室で映画鑑賞。

f:id:fumicicci:20170313134856j:plain

不思議なイベントだ。

f:id:fumicicci:20170319052949j:plain

かやぴは少し飽きて歩き回った。

 

 

大人のプリム

幼稚園のプリムの後はそのままテルアビブ市内の広場に向かった。

f:id:fumicicci:20170310122942j:plain

こちらは大人の方だ。でも赤ちゃんだってたくさん連れてこられている。

f:id:fumicicci:20170310130355j:plain

大変な人と、大きな音の音楽で、気がどうにかなりそうで、お化けも何も全く怖くない。

 

f:id:fumicicci:20170310130917j:plain

写真もたくさん撮ってもらった。

f:id:fumicicci:20170310131233j:plain

かやぴは大音響でもぐっすり。

 

木陰でおにぎりを食べて帰ることに。

f:id:fumicicci:20170310131846j:plain

ピーターパンは結構な人気だった。

f:id:fumicicci:20170310133321j:plain

幼稚園のプリム

今日は幼稚園のプリムパーティーだ。昨日もそうかと思ったけれども間違いだったので、やっとだ。皆ひと月以上前から衣装を作り出したりと大変気合が入っているらしい。f:id:fumicicci:20170310104223j:plain

ハマンの耳なんかも焼いて出してくれる。

f:id:fumicicci:20170310104327j:plain

ふみちっちはピーターパンだ。日本から持ってきて良かった。

f:id:fumicicci:20170310105650j:plain

かやぴもトランポリンを楽しんだ。腕が丈夫なのでなんだってできるのだ。

f:id:fumicicci:20170310111004j:plain

滑り台をベン君について何度も滑った。あまり相手にはしてもらえなかったけど、りっくんの様におとなしいのだ。

f:id:fumicicci:20170310111645j:plain

かやぴも歩き回ってご満悦だ。

 

外遊びが終わったら工作だ。ふみちっちの得意なのだ。王冠を作る。

f:id:fumicicci:20170310113401j:plain

そしてマスクを作る。

f:id:fumicicci:20170310114925j:plain

マリア先生に挨拶しておしまい。

f:id:fumicicci:20170310115456j:plain